I love きういマンのWebサイト

I love きういマンのWebサイトです。商品レビュー、評論なんかではなく、みよきファミリーの中でのただの雑談記録です。


きういマンのWebサイト ロゴ

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(ラスト解釈)なづなのタイムリープ? 

ッス!おらきうい!! みよきファミリーのきういだぜ!!

ゴールデンウィーク楽しまれてますか?ビデオ観賞なんてのもいいですよ。

 

きういの画像

 

きういの発言「ゴールデンウィークが始まりましたね!だんなさん、みよき様、今回のゴールデンウィークは、どうしますか?」

 

だんなさんの発言「広島県民としては、原爆ドーム周りで行われる5/3~5/5「広島フラワーフェスティバル」は、外せないし、次の週の5/12「福山FJEフェスタ」、5/19,20の「福山バラ祭り」」と5月は、大忙しよぉ!」

 

みよき「まぁ、毎年の恒例行事だねぇ」

 

だんなさんの発言「まぁ、前半はのんびりとします。そこで、だんなさんおすすめのビデオ(アニメ)を見ようと思います。」

 

みよき「ほぉ」

 

www.amazon.co.jp

だんなさんの発言「amazonビデオでもレンタル開始が始まった「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」です。おいら、DAOKO×米津玄師の歌が大好きなんよ」

 

www.youtube.comdaoko_jpチャンネル

 

きういの発言「確かタイムリープ系のアニメでしたよね。「Love Letter」「スワロウテイル」の岩井俊二さんが原作で、実写映画の方は、amazonプライムでも見れますよね。アニメの総監督は「化物語」などで有名な新房昭之さんですし、アニメ制作も「化物語」で有名「シャフト」でしたね。」

 

みよき「あんたタイムリープ系大好きだよねぇ」

 

だんなさんの発言「タイムリープ系の作品増えてきたがの。最近だと「君の名は。」が有名じゃのぅ(だんなさん的には、お勧めできんがのぉ・・・。)。「Re:ゼロから始める異世界生活」、「僕だけがいない街」、「魔法少女まどか☆マギカ」、「未来日記」、お勧めは、最近新シリーズも始まった「STEINS;GATE(シュタインズゲート)」かのぉ・・・」

 

きういの発言新作シュタインズ・ゲートゼロもamazonプライムで見れますね」

 

みよき「わたしも、タイムリープ系だと、シュタインズゲートか、未来日記が好きだわ」

 

だんなさんの発言「いい悪いは、別としていろんな作品が出てくることはうれしいことじゃがの」

 

だんなさんの発言「さて、宵もふけてきたことですし、それでは、レッツ、タイムリーピング!」

 

 

 

 

 

~~ 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか(アニメ) 視聴中 ~~

 

 

 

~~ 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか(アニメ) 視聴終 ~~

 

 

 

だんなさんの発言「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

みよき「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

きういの発言「涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙」

 

だんなさんの発言「なんか最後よぉわからんかったんじゃがのぉ・・・・」

 

みよき「主人公どうなったん・・・・・・」

 

きういの発言「いつか見た幼い頃の夏の風景の記憶、忘れかけてた純粋な男の子の心情!なにを考えているのかわからない女の子へのとまどい!!逆らうことが出来ない大人への反抗の気持ちと、何も出来ないもどかしさ!!!!!!!!!!!!!!!」

 

きういの発言「主人公が、どうなったかなんて、どうでもいいんですよ!!!!!(涙)」

 

 

だんなさんの発言「いや、気になるじゃろ・・・・。なんで最後主人公おらんのん?なずなはどうなったん?」

 

 

だんなさんの発言「原作の実写映画でも見んことには寝るに寝れんわのぉ・・・・・」

 

きういの発言「いいでしょう。原作の実写映画も見てみましょう!!」

 

 

みよき「まぁ、私は、もう寝るわ。おやすみ」

 

きういの発言だんなさんの発言「!!!!!!!!!!!!・・・・・・おやすみなさい」

 

 

きういの発言だんなさんの発言「・・・・・それでは、気を取り直して・・・レッツムービング!!!!」

 

 

~~ 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか(実写) 視聴中 ~~

 

 

 

~~ 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか(実写) 視聴終 ~~

 

 

だんなさんの発言涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙

きういの発言涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙

 

 

だんなさんの発言「こう言っちゃ悪いけど、アニメなんかより、きれいにまとまって良かったよ。賛否両論ありそうな内容じゃけど、子供の心情と、摩訶不思議感が織りなす雰囲気、要所の所で、なにか隠されてそうな意味深な台詞・・・・」

 

きういの発言「アニメもですが、銀河鉄道の夜をどこかに感じさせるなにかがありますね・・・・」

 

 

きういの発言「でも、これで、今回のアニメの言いたいことがわかりました!!!」

 

だんなさんの発言「!!!!!!!!!!!!!」

 

 

きういの発言「それでは、レッツ、解析タイム!!!」

 

 

きういの発言「考察ポイントは、実写とアニメでの、なづなの台詞の違いです。実写で最後になづなは、「今度会えるのは二学期だね。楽しみだね」と言い、アニメでは、「次会えるのどんな世界かな?楽しみだね」といいます。」

 

きういの発言「アニメの最後に水が落ちてピチョン!って描画があり、学校の二学期が始まったような描写になります。」

 

 

きういの発言「なんか色々あるんですが、めんどくさいのはしょりますけど、このアニメは・・・・・」

 

 

だんなさんの発言「どきどき」

 

 

きういの発言「典道が、タイムリープする物語ではなく、ヒロインなずなの実写から続いているタイムリープの物語です!!!!。で、その一つの平行世界(パラレルワールド)が、今回のアニメの世界です。」

 

だんなさんの発言「そうにゃん?」

 

きういの発言「今回のアニメは、単独で終わったはずの実写映画をヒロインなずなのタイムリープ物語としての同じ物語の別作品、別の視点での物語に仕上げているんです。ヒロインなずなは、何度も平行世界(パラレルワールド)を繰り返しているはずです。でも、なづなの満足のいく世界は、訪れないんです(親の離婚(再婚)で学校を辞めない世界)。だから、プールで勝った方と駆け落ちすることにしたり、典道が勝つ予定のプールでの勝負で典道が勝たなくて友達の祐介が勝っても、祐介と駆け落ちしようとするんです。(色々なことを試している)」

 

だんなさんの発言「ほう」

 

きういの発言「平行世界(パラレルワールド)は、それぞれの世界で、違っているようで、祐介の性格が微妙に違っていたりするのも、そのせいじゃないかと思うんです。で、今回なずなが、訪れた平行世界(パラレルワールド)では、なづなのタイムリープ中の世界で、そこで、典道がさらにその世界でタイムリープをしてしまうという摩訶不思議な物語なんです。なづなは、今回のこの世界が、そしてこの世界での典道君のことが、少し好きになったんじゃないんでしょうかね。だから最後にでた言葉が「次会えるのどんな世界かな?楽しみだね」だったんじゃないんですかね。」

 

 

きういの発言「残念ですが、今回のアニメでの平行世界(パラレルワールド)での典道のタイムリープは、おしまいです(典道のタイムリープに必要なガラスの玉がこわれたから)。でも、なづなのタイムリープの物語は続くんです。そして「ピチョン(水のしたたる描画)」でなづなの新しい平行世界(パラレルワールド)の物語がまた始まるんです。きっとそれは、実写で言ったいた「今度会えるのは二学期だね。楽しみだね」の二学期です。でも当たり前に想像していた学校での再会ではなく別のまた新しい物語が始まっているんです。」

 

きういの発言「その物語は、また別の機会に・・・それではまた  the end 」

 

きういの発言「って言うのが、今回のアニメだったんだと思います。」

 

 

きういの発言「言い方は、悪いかもしれないですが、原作好きなFANによる同人アニメな感じです。」

 

 

だんなさんの発言「言い方すごい悪いと思うのぉ・・・・」

 

 

 きういの発言監督による、原作リスペクト愛の作品なんですよ!!!!!」

 

きういの発言「原作を含めたこの物語の主軸には、「If もしも」の言葉が主軸にあります。その時々の選択が大切だと言うことを主軸におきながらも、どうしても変えられないもあると言うこと、でもそこで君は何を選択する?ということがメッセージにあるんじゃないかと思います。」

 

 

だんなさんの発言「まぁ、色々考えさせられる作品ではあったかのぉ」

 

きういの発言「そうですね。アニメでの背景の描画なんかも、作品の雰囲気出てましたし、いろいろ心を震わされる映画だったと思います。」

 

 

だんなさんの発言「喜んでお勧めは出来ませんが、楽しめた作品でした。ラストのDAOKO×米津玄師の打ち上げ花火のエンディングだけでも見る価値あります。」

 

 

きういの発言「それ、映画みなくてCDだけでいいですよね!!!!!」

 

 

 

 

 

~~ see you next kiwi ~~

 

 

 


privacy-policyお問い合わせ
Copyright ©I love きういマンのWebサイト All rights reserved.